合体


合体結果

まず月/週で二種類のどちらかまで絞られ
次に隠し種族(ドラゴン~ディスクの事)が絡む場合の例外処理が行われ
最後に素材の残寿命によって結果が確定する

合体素材の最初に選択する方のMainをA、SubをB
二番目に選択する方のMainをC、SubをDとする(AB×CD)

月、週によるパターンの絞られ方は表の通り
週\月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1 CA/CB CA/CB CA/CB AC/AD AC/AD DA/DB CA/CB CA/CB DA/DB AC/AD AC/AD CA/CB
2 AC/AD AC/AD AC/AD AC/AD CA/CB BC/BD CA/CB AC/AD AC/AD AC/AD BC/BD AC/AD
3 AC/AD DA/DB CA/CB AC/AD AC/AD AC/AD AC/AD CA/CB BC/BD CA/CB AC/AD AC/AD
4 AC/AD BC/BD CA/CB DA/DB CA/CB BC/BD BC/BD BC/BD BC/BD CA/CB DA/DB DA/DB

絞られた結果のうち、メインとなる方が隠し種族の場合、2パターンの両方が存在する派生種の場合のみ残寿命の判定へ、片方が存在する派生種の場合は確定でそちらになる
どちらも存在しない派生種の場合(隠し純血を含む)、AC/ADタイプはAB、CA/CBタイプはCD
BC/BDタイプはBB、DA/DBタイプはDDになる

逆に結果のメインが通常種でサブが隠し種族の場合、片方が通常種の場合は確定でそちらに、両方ともサブ隠し種族の場合
AC/ADタイプはAB、CA/CBタイプはCD、BC/BDタイプはBB、DA/DBタイプはDDになる
結果に隠し種族が一切絡まない場合は、素材に隠し種族の血があっても残寿命の判定になる(BC/BDパターンでのAが隠しなど)

AC/ADかBC/BDパターンの場合はCD、CA/CBかDA/DBパターンの場合はABの残寿命が影響する
残寿命による結果の確定は表の通り

  寿命判定 1~19 20~39 40~59 60~79 80~99 100~119 120~139 140~159 160~179 180~199
200~219 220~239 240~259 260~279 280~299 300~319 320~339 340~359 360~379 380~400
AC/AD CD AC AD AC AC AC AC AC AD AD AC
AC AD AC AC AC AC AC AC AD AC
BC/BD CD BC BD BC BC BC BC BC BD BD BC
BC BD BC BC BC BC BC BC BD BC
CA/CB AB CB CB CA CA CB CA CA CB CA CA
CB CA CA CB CA CA CA CB CA CB
DA/DB AB DB DB DA DA DB DA DA DB DA DA
DB DA DA DB DA DA DA DB DA DB

合体相性

合体には相性が大きく影響する
相性にはMain同士の組み合わせの通常相性とSub同士の組み合わせの潜在相性の2種類存在する
相性表は以下のとおり、横軸が合体ベース(最初に選択する方)で順番で相性が変わる箇所もある
種族 分類 A B C D E F
ディノ、マジン、ラクガキ A ×
ワーム、プラント、ラウー B ×
ゴーレム、ハム、ナーガ、ドラゴン C ×
ゲル、モノリス、ディスク D × ×
ライガー、ヘンガー、ニャー、ゴースト E × ×
ピクシー、スエゾー、ガリ F × × ×

パラメータ

合体結果のパラメータ基本値に合体相性と素材パラメータに依存したボーナス値、隠し味のボーナス値
を足した数字になる
素材2つのパラメータの合算を16で割った剰余(余り)と通常相性によって
以下の表の%分素材2つのパラメータ合算からボーナス値が足される
剰余 相性良 相性普 相性悪
0 0% 0% 0%
1 1% 0% 0%
2 2% 0% 0%
3 3% 0% 0%
4 4% 0% 0%
5 4% 0% 0%
6 5% 2% 0%
7 5% 2% 0%
8 5% 4% 0%
9 5% 4% 0%
10 6% 6% 0%
11 6% 6% 0%
12 7% 10% 0%
13 8% 10% 0%
14 9% 10% 10%
15 10% 10% 30%

どの相性でも剰余15の時が最も大きくなるが、中でも合体相性が悪い時の30%ボーナスが驚異的
また隠し味のパラメータボーナスにはバグがあるので注意
合体後のパラメータはこの表に従って一意に決定するのでランダム要素はない

潜在能力

通常相性と素材の潜在能力に依存する
2体の潜在能力の平均をとってから(切り捨て)
相性が良なら+10、普通なら+5、悪なら+3
こちらも128以上になるとバグがある

技継承

継承条件は
  1. 素材のどちらかもしくは両方が合体結果のMainと一致する
  2. 素材のどちらか一方とMainが一致した場合、合体結果のモンスターの初期技以外の技を覚えている
  3. 素材の両方とMainが一致した場合、合体ベースが合体結果のモンスターの初期技以外の技を覚えている

継承可能な技について一つずつ確率判定をして継承している
そのため下位技を飛ばして上位技を覚える事が可能、この方法以外で下位技を飛ばすことはできない
確率は潜在相性によって決まる
相性良なら約60%、普通なら約45%、悪なら約30%程度
合体結果とは違い、リセットすると結果が変わるので厳選は可能

実践例

寿命ギリギリまで適当に育成したモンスターがいたとして
そのモンスターと通常相性が悪で潜在相性が良(普でも良い)のモンスターを探す
できれば潜在能力を調整してからそのモンスターでパラメータ合計の剰余が15になるように調整する
日付を送って欲しい合体結果が出るように調整したら理想的な技継承になるようにロードを繰り返して調整する
探してきた素材モンスターはパラメータ調整さえ行っておけば合体結果のモンスターは
簡単にフルパラに届くでしょう

  • 最終更新:2018-09-19 12:18:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード